読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

if blog〜意識高い負債者のブログ〜

意識高いただの借金を抱えた人のブログ

仕事の情報共有、うまくいってますか?

f:id:ishikitakaihusaisya:20170505132829j:plain

いつもお世話になっております。

意識高い負債者でございます。

職場の話をしたいと思います。

ゴールデンウィークに入る前に社員研修がありました。

働き方を見直すという主旨で行われ、普段あまり関わりの少ない仕事仲間と話す機会がありました。

情報共有の大切さは全員が理解している

会社をよくしていくにはどうすればよいかを話し合った結果、出てきた答えは「情報共有をする」でした。

私の勤めている会社はメイン2部門の情報共有不足により、損失が出てしまっている現状がだれからみてもわかりきっています。

だから社員全員が情報共有をしたほうがいいと思っています。

大切だとわかっていても情報共有は進まない

たくさんの人が情報共有をしたら利益が上がる、仕事の質が良くなるとわかっていても情報共有はうまくいかないのです。

経営に携わっている人も情報共有の大切さを身に染みてわかっています。

だから会社の情報共有プラットフォームサービスであるサイボウズやセールスフォース、Evernoteなどを導入する会社が増えています。

情報共有が難しいから、会社として年間何千万もかけて情報共有プラットフォームを導入するのです。

情報共有が進まない理由は、情報を編集する人がいないから

情報共有は大切だと思っても、情報共有プラットフォームを導入してもうまくいかない理由は、情報を編集する人がいないからです。

情報共有に必要な行動は3つあります。

  1. 情報を受け取る
  2. 情報を発信する
  3. 情報を編集する

ひとつずつ確認します。

情報を受け取る

情報を受け取る行動は人から話を聞いたり、新聞やネットなどを見たりと普段私達が行っていることです。

スマートフォンタブレットのおかげで情報を受け取る行動は誰もが簡単にできるようになりました。

この情報が足りてないなと主体的に情報を受け取りにいく行動として書籍を読んだり、研修やイベントに参加することも情報を受け取る行動です。

情報を発信する

つぎに情報を発信する行動ですがこちらも普段からやっていることです。

人に話したり、メールを送信したりと仕事をする上で欠かせない行動になります。

この情報はみんなに知ってもらいたいと思う情報などを情報共有プラットフォームで共有したりしていると思います。

情報を編集する

最後に情報を編集する行動についてです。

情報共有において一番重要な行動になります。

受け取った情報をまとめたり、整理したりする行動のことです。

仕事をするにおいて情報共有をする目的は何か。

情報を効率的に使って利益を増やすことです。

情報は使えるように加工して始めて役に立ちます。

よって情報を編集するとは、情報を使える状態に加工することを指します。

例えばマニュアル。

どの会社にもあると思いますが、同じ仕事をする上で一定以上の質と効率を確保するために作られます。

チェックリストも同様に今まで失敗してしまったことを二度と起こさないようにするために作ります。

このように集めた情報を整理して使える状態にすることが情報を編集することです。

情報を編集する人はいますか?

会社内に情報を編集する人はいますか?

私の会社にはいませんでした。

なので自分がその役割の一部をやっています。

必要な情報と不要な情報を分けて、使える状態に編集する。

マニュアルやチェックリストの更新、問題を集約して経営層にレポートで報告する。

結構楽しい仕事です。

情報を編集する人は貴重かもしれない

情報を編集できるスキルは会社において重要かもしれません。

私は新入社員研修を終えてから1年半をかけて社内の情報編集に力を入れてきました。

その成果のおかげもあって、入社3年目の昇給が4万円程度になりました。

月27.5万円となり、手取りにして22万円になります。

ボーナスも増えていて3月の期末賞与を合わせて年間4.5ヶ月程度もらえるようになりました。

借金返済が加速しそうです。

ブログを書いている人は貴重

ブログを書いている人は普段から情報を編集する行動をしています。

仕事の内容に興味が無い人には難しいですが、仕事で得られた情報をまとめるだけでも評価があがると思います。

ブログにはアクセス数を向上させる方法やデザインを編集する方法などのマニュアルがわかりやすく大量にあります。

同じように仕事で契約件数を増やす方法や、リーフレットのデザイン修正方法などまとめるだけでも会社にとって助かると思います。

ブログで培った技術を仕事でも活かせるようになれば、楽しさが増えるかもしれません。

今回はこの辺で失礼します。