読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

if blog〜意識高い負債者のブログ〜

意識高いただの借金を抱えた人のブログ

【取材記事】奨学金を返すために働く新人OL、副業風俗で働く生活

f:id:ishikitakaihusaisya:20170211181606j:plain

今回もライター修業をしていたときに作成した記事を紹介します。

以前の記事と同時期に書いたものになります。

ishikitakaihusaisya.hatenablog.jp

また若干、アダルトな内容を含んでいる可能性があります。(そんなつもりでは書いていませんが)

それでも良ければ読んでみてください。

奨学金の返済が困難なOL

奨学金が返せない若者が増加している。

日本学生支援機構による2014年の調査では約50%の大学生が奨学金を受給して大学に進学している実態が明らかになった。

日本の奨学金は貸与型であり、将来返還する必要のある奨学金がほとんどである。

つまり将来の自分自身に借金をしていると言い換えてもいいだろう。

奨学金を利用し始めた時は社会人になって、贅沢を多少我慢すれば奨学金の返済なんて楽かなとおもっていました。

東京都内の不動産会社に就職した新人OLのAさんがは語る。

奨学金の返済は月28,000円ちょっとです。手取りが18万程度で、その中の28,000円は厳しかったです。

4年生の大学に通い、毎月10万の奨学金を受給していたAさん。

総受給額が480万円、返済期限が15年なので年に最低でも32万円は返さないといけない計算になる。

大学生時代にも先輩方から奨学金の返済が大変という話は聞いていたのですが、ボーナスを使うのを我慢すれば20代で何とか返せると思っていました。

実際に社会人になってみると思った以上に手取りが伸びなくて、ボーナスもほとんど出ない状況でした。

仕事自体も毎日残業続きで、自炊すらできなくなって毎日コンビニ弁当を買って家で食べています。

コンビニ代もかさんでしまっているのはわかってはいるのですが、時間がなくて。

寝る時間はこれ以上削れないので。

仕事が忙しすぎて、職場近くに引っ越す

このまま働いていたらおかしくなりそうだったので、都内の職場の近くに引っ越しました。

朝も1時間多く寝れるようになって、生活する時間が少し増えました。

自炊もできるようになったので、体重がもとにもどったのはうれしかったです。

あまりにも仕事が忙しく、通勤時間が1時間程度の所に住んでいたAさんは職場に近い都内に引っ越しをした。

職場の近くに引っ越しをしたおかげで睡眠時間や家事をする時間が増えて生活が安定してきたが、今度はお金の問題が発生してしまった。

都内に引っ越したので、家賃が2万円ほど上がりました。

それと引っ越しもほぼ業者さんにまかせてしまったので、10万円程度かかってしまいました。

現金で払える余裕が無かったのでカードで支払いをしたら、次の月の支払いができないことに気づいちゃってどうしようかと思って……

引っ越し代を払うために風俗へ

Aさんは引っ越し代を払うために、土日にでもできるバイトを探していたら風俗の求人広告が目に入った。

最初は金曜の夜から土曜まで働けそうな居酒屋を探していたのですが、週1しか入れないと雇ってくれるところはなかったです。

スマホバイトを探していたら1日で5万円可という文字が目に入って、開いてみたらソープランドの求人でした。

求人を読んでいくと週末だけでも月に20万円稼げるとのことだったので面接だけでも受けてみようかなと思い、お店に行ったら即採用でその日のうちにお客さんの相手をしていました。

入店祝い金含めて初日で4万円稼げたので、カードの支払いをするにはこれしか無いと思い週末だけバイトを続けました。

そのまま奨学金の繰り上げ返済に

大学の頃から付き合っていた人がいましたが、お互い社会人になって会う回数が減っていました。

それに風俗で働くようになったので、相手に悪いかなと思い別れを伝えました。

たぶん、風俗で働くようにならなくてもこのまま消滅していたと思います。

引っ越し代の支払いが済んだ後も風俗でのバイトは継続しているという。

最初は引っ越し代分だけのつもりだったのですが、あまりにも稼ぎがいいので現在まで続けています。

今はまとまったお金ができたら奨学金の繰り上げ返済に充てています。

持っていると使っちゃうので。

風俗の仕事は若い頃しか稼げないと言われているので、稼げる内に稼いで奨学金を返済しちゃおうと思っています。

普通に働いていたら15年かかるものが、風俗で働けば4年程度で返せそうなので楽です。

昨月はまとめて30万程度の繰り上げ返済をしたという。

用心のため、繰り上げ返済をする月はボーナスが出るであろう月にしているとのこと。

毎週金曜の夜と土曜の朝から15:00くらいまで働いていて、相手にする人数は4人から多くて6人程度。

それで月に6日程度出勤して、20〜25万円稼ぐ。

会社にばれる不安

平日はOLをしながら、週末は風俗で働くAさん。

現在は奨学金を返済しながら貯金もしているとのこと。

会社からマイナンバーの提出を求められて時はどきっとしました。

会社に風俗で働いているのがばれないか不安でした。

現状ではばれる危険はないそうですが、今後銀行口座とマイナンバーがひもづけられるとばれる可能性があるそうです。

そうなる前に風俗をやめたいです。

そんなAさんに将来の目標を聞いてみると、

まずは奨学金の返済。

その後に結婚して子供を産みたいと思います。

普通の生活ができればいいです。

奨学金の返済は結婚の時期にはで影響をあたえている。

奨学金の返済が困難で、厳しい仕事を辞めることができなくてそのまま鬱病になってしまう方や、風俗で仕事をする人が増えていると言われている。

最近では給付型奨学金についての検討も進んでいる。

おわり。

さいごに

いかがでしたか。

インタビュー記事の終わり方が未だに苦手です。

雑誌とかを読みながら書き続けるしかないですかね。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

感想などいただけると嬉しいです。