読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

if blog〜意識高い負債者のブログ〜

意識高いただの借金を抱えた人のブログ

意識高い負債者って?

今週のお題「自己紹介」
f:id:ishikitakaihusaisya:20170419213036p:plain

いつもお世話になっております。

意識高い負債者でございます。

if blog〜意識高い負債者のブログ〜を始めてからちょうど3ヶ月たちました。

今更ながら、自己紹介をしたいと思います。

意識高い負債者ってどんな人間なのか?

基本情報

1990年生まれ、男

生い立ち

大学生

高校卒業後大学に進学。

19歳の大学1年生の時に中谷彰宏さんの「大学時代にしなければならない50のこと」を読みました。

大学時代しなければならない50のこと (PHP文庫)

大学時代しなければならない50のこと (PHP文庫)

第一志望に落ちてしまった当時の私は、入学当初から他の大学の人より劣っていると感じていました。

劣等感を持っていた私には「大学時代にしなければならない50のこと」の内容が染みるように、はいってきました。

おおざっぱに本の内容を紹介すると、こんなかんじです。

大学4年間は思いの外短い。周りの流れに流されていてはあっという間に終わってしまう。
だから主体的に大学4年間をすごそう。
友達を多く作ると時間がなくなるので限られた人数で良い。
それよりも一番やりたいことに時間を使おう。

いま手元に本がないので正確ではありません。

大学時代は友達はあまりできませんでしたが、本は大量に読みました。

大学1年の時に4年間で1000冊読もうと決めて、年に250冊を読んでいました。

通学中もつまらない講義中も講義の合間もずっと本を読んで過ごしました。

毎日本を5冊ほどもって移動していたため、常に大きいリュックを使用していました。

バイトはしていたのですが、専門書などが高すぎてお金が足りなくなってしまっていたときには学費用に借りていた奨学金を無断で書籍代につかって、親に怒られたりもしていました。

大学院生へ

ほとんど本を読んで大学生ライフを満喫して3年が過ぎました。

大学4年生の始まりにゼミに配属され、次は研究の楽しさにはまりました。

大学の講義は平均くらいの成績でしたが、研究については他の人よりも得意だったようです。

特に既往研究調査ではたくさんの論文を読む必要があり、普段から本を読んでいたので教授からほめられました。

人間ほめられると嬉しく、さらに研究活動にはまっていきました。

当時の就職活動は大学3年生の終わりからで、私は大手の会社から内定を頂いて就職することになっていました。

ですが、研究にはまりすぎて内定を辞退して大学院に進むことにしました。

内定を辞退すると学生指導課から呼び出されたりもしました。

教授の推薦で大学院に進み、大学4年生から修士2年までの丸3年間はゼミ室で寝泊まりをするほど研究活動に没頭しました。

それが原因で、体重が15kg増加して20歳から付き合っていた彼女に「研究と私どっちが大切なの?」という質問に「研究」と答えて捨てられました。

就職活動

大学院卒業後はさらに博士課程に進む事も考えましたが、金銭的に働かないといけない状態だったので就活をしました。

大学院の就活はとても楽で、10社受けて8社から内定をいただける状態でした。

人の顔を覚えるのがとても苦手なので、従業員数が100人未満で一番経営状態がいいところに入社することに決めました。

社会人

無事修士論文も通り、ストレートで大学院を卒業して社会人になりました。

社会人になって困った事がありました。

1日にやるべき事が少ないのです。

大学院時代は寝る時間を削って研究をしていたので、ほとんど家に帰らずにゼミ室で過ごしていました。

社会人になると毎日家に帰れてシャワーも浴びれて布団で寝れます。

いままでの生活環境との差に戸惑いました。

特に休みの日はやることがなさ過ぎて何をしていいのかわからない状態が続きました。

時間があることだし勉強でもするか、そう思い様々な講座や資格学校に通うようになりました。

借金を増やしながらです。

そんな感じで暇つぶし程度にお金を意識高く無駄遣いしていった結果、借金が200万程度になってしまいました。

2017年1月20日にブログを立ち上げ、その後に債務整理をすることになり、借金返済生活がスタートしました。

ブログの目的

if blog〜意識高い負債者のブログ〜は、借金を返済するまでのモチベーション維持を目的につくりました。

借金の話なので家族にも会社の人にも友人にも相談できません。

誰かに話を聞いてもらいたく、そして同じように頑張っている人がいるのではないかと思ってブログをつくりました。

いまでは雑記ブログとなっていますが、同じような悩みを持った人に読んで役に立てて欲しいと思い記事を作っています。

これからもよろしくお願い致します。

【反省】文章を甘く見ていました。

ブログ ライター

f:id:ishikitakaihusaisya:20170419104831j:plain

いつもお世話になっております。

意識高い負債者でございます。

ライターの仕事でやらかしてしまいました。

記事作成で5回も修正をすることに

ランサーズの依頼で記事提出後に5回も修正しました。

本当に反省しています。

けして手を抜いて記事作成をしたわけではありませんが、気持ちのどこかで文章を甘く見ていたのだと思います。

発注者側の方にも何度もチェックをする時間を取らせてしまい、申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

結果としては、最終的に納得のいくクオリティになって納品することができました。

これだけ信用を失ってしまっては今後仕事がいただけるかわかりません。

文章を甘く見ていと思われる行動

失敗の原因は3つ程あります。

完成した文章を1度しかチェックしていない

記事を作成したらもちろん自己チェックを行います。

その自己チェックが1度しか行わなかったのが失敗です。

1度では誤字脱字程度のチェックしかできません。

漢字を遣いすぎていないかや1センテンスの長さなどのチェックも当然必要です。

情報量の多さを優先してしまう

私個人的な課題なのですが、情報量を増やしすぎてしまう傾向があるようです。

もちろん情報不足よりは良いのですが、伝えたい内容以上の情報を詰め込みすぎるとどの内容が重要なのかがぼやけてしまいます。

情報が少ないと正確な事を伝えられないのではないかという思い込みから、失敗に繋がってしまっているようです。

理解できていない事を文章にしてしまう

自分自身が理解していない事を文章にすると大体失敗します。

ほとんど意味のわからない文章になりますので、そこだけ全体の文章から浮いてしまいます。

またはどこかの文章をそのままコピーして貼るだけになってしまっているので余計悪い状態です。

理解できていない内容の記事を書くには、それなりの準備の時間が必要です。

全ては修正することで解決する

文章を作成したら修正することが重要です。

誰でも知っていると思いますが、自分は知っていてもできていなかった。

修正すれば必ず前よりも読みやすくなります。

よく文章は1日寝かせてから推敲したほうが良いと言われています。

仕事で文章を書いている時は納品前に完成度60%程度で一度流れの確認をしてもらい、その後に100%にして納品する必要があります。

ブログはとりあえず投稿で大丈夫

仕事ではだめですが、ブログはとりあえず投稿でいいと思います。

投稿してからの修正ができますので、投稿してから見直して修正していきます。

検索で読まれる文章から優先して修正する

膨大な記事のあるブログの場合は記事を修正するのに時間がかかってしまいます。

なので優先的に検索でよく読まれている記事から修正することをおすすめします。

検索でたどり着いた記事で気に入っていただければ、今後ブログの読者になってくれる可能性が上がります。

ポジ熊さんも記事修正の大切さについて言及していました。

www.pojihiguma.com


www.pojihiguma.com

文章の力は絶大

最近読んだ「言葉にできるは武器になる。」にこのような文章がありました。

思考の深化なくして、言葉だけを成長させることはできない

文章も同じです。

文章力を上げていくためには小手先のテクニックだけに頼ってはいけないということです。

「言葉にできる」は武器になる。

「言葉にできる」は武器になる。

少し「意識高い」スケジュール帳の使い方をまとめてみた

働き方

f:id:ishikitakaihusaisya:20170414224505j:plain

いつもお世話になっております。

意識高い負債者でございます。

4月は新社会人の人たちが入社してきて、社内にやる気が溢れている感じです。

私も新社会人の方々の頑張る姿勢を見ていると、もっと頑張らなければと思う日々が続いています。

仕事の情報はスケジュール帳で一元管理

しかし、やる気だけでは会社から評価されないのが仕事です。

仕事は結果を求められます。

仕事で結果を出すためには効率的に業務をこなして、重要な業務に取りかかれるかで決まると考えられます。

そこで自分自身のスケジュールを管理する能力が必須なのです。

スケジュール管理を助けてくれるのがスケジュール帳です。

自分の予定だけしか書かれていないスケジュール帳

ishikitakaihusaisya.hatenablog.jp

以前にもスケジュール帳の話をしました。

仕事では紙のスケジュール帳をオススメします。

既に使っている人が多い思います。

そこで自分のスケジュール帳を見返してみてください。

自分のスケジュールしか書いていないという人がいると思います。

そういう人は1歩踏み込んだ使い方をオススメします。

最低限、これだけは書き込んでおこう

会議やクライアント訪問など自分の予定しかスケジュール帳に書いていない人には、あと3つの内容を書き込んでみてください。

仕事への向き合い方が変わります。

どんな小さい仕事でも必ずメモする

どんな小さいタスクでも必ずスケジュール帳にメモしておきます。

社内の提出物やメールの返信期限、経費精算など全てです。

小さい仕事でもしっかりと期限内に終わらせることは評価の基本となります。

メモをとったらいつやるかまでスケジュール帳に落とし込みます。

また与えられた業務だけでなく、これもやっておいた方がいいかなと自分で考えた仕事もスケジュール帳に書いておいて実行します。

移動にかかる時間を書き込む

お客様との打ち合わせや、現地確認などの開始時刻と終わりの時刻をスケジュール帳に書き込む人はほとんどだと思います。

そこに追加で移動時間を書き足しておきましょう。

会社から駅までの時間と電車の移動時間を書き込みます。

移動時間まで正確に書き込もうとすると、調べる必要が出てきます。

現在はスマートフォンがあるので出発前にさくっと調べることができますが、思っていた以上に移動に時間がかかるということもあります。

スケジュール帳に移動時間を書き込むようになると、先に調べるクセがつき予定に遅刻しないようになります。

コツとしては現地に20分前くらいにつくように書き込んでおきます。

万が一電車の乗り換えに失敗しても遅刻することはなくなります。

準備にかかる時間を書き込む

移動時間と同じように、準備時間をスケジュール帳に書き込みます。

例えば社内会議の予定があればプロジェクターは必要なのか、誰が会議に参加するのか、印刷物は何部必要なのかなど準備することがいっぱいあります。

会議の準備の時間にかかる時間を前もってスケジュール帳に書き込んでおけば、直前になって慌てて資料を印刷するなどがなくなります。

仕事に対してどれくらいの準備時間が必要かどうかを見積もることができるようになれば、その仕事をするまでに何をしなければならないかを考える力がつきます。

さらに意識高くスケジュール帳を使い込む

予定だけでなく、その予定に必要な準備の時間まで書き込むだけでも仕事の見え方がかわり、段取りがよくなります。

もっとスケジュール帳を使い込む方法を3つ紹介します。

参考程度にどうぞ。

上司の予定を書き込む

直属の上司だけでよいので、上司の予定も書き込んでおきます。

上司の仕事内容を把握しておけば、いつ自分の業務チェックをしてもらえるか、承認がもらえるか、相談する時間があるかなどをわかった状態で仕事することができます。

また上司がどのような仕事を普段からしていてどの仕事が重要なのかがわかれば、その重要な仕事に関わるチャンスを作り出すことも可能になります。

例えば上司の社内会議があるとしたら、それに必要になりそうなデータをまとめて渡しておくだけでも結構です。

自分ができる仕事の幅を上司に認識してもらうチャンスです。

プライベートの予定も堂々と書き込む

スケジュール帳には仕事の予定だけでなく、プライベートの予定も書き込みましょう。

スポーツの予定や同級生との飲み会、恋人の誕生日や旅行の計画など全てです。

特に休日の過ごし方は仕事のスケジュールよりも詳しく書き込みましょう。

休日は意識しないとあっというまに過ぎてしまいます。

私も気がついたら月曜でしたという経験を何回もしました。

もちろん休息も必要ですが、仕事をしていて足りないスキルや知識を習得するにはまとまった時間が必要となるので休日を有効活用する必要があります。

私は土曜は休息にして、日曜を勉強の日にしています。

上司との打ち合わせ時は、スケジュール帳を見せながら指示をメモする

上司と仕事の打ち合わせをしている時は、スケジュール帳を見えるようにしておきます。

上司の方は自分よりも忙しいので、部下のスケジュールを把握しきれていない場合があります。

期限が近い仕事を間違えて振ってしまったりすることもあるので、スケジュール帳を見せながら打ち合わせすることで思い出してもらう効果があります。

細かくスケジュールを管理できているのであれば、いただいた仕事がいつまでにできるかをその場で決める事もできます。

またプライベートの予定もある程度見せておくことで、気を遣っていただけます。

恋人の誕生日の日に残業をお願いするなどはなくなるでしょう。

スケジュール帳の乱れは、仕事の乱れに繋がる

スケジュール帳に仕事の情報を一元化すると、仕事について深く考える事ができるようになります。

しっかりと仕事情報を管理できていれば、もれなく業務をこなしていくことが可能です。

反対にスケジュール帳に仕事の情報が一元化できていないと、タスクが抜けたりしてミスに繋がります。

一度ミスが発生すると連鎖してさまざまな仕事に支障をきたしてしまう場合があります。

そうなるとスケジュールを修正する事に多くの労力を遣うことになるでしょう。

スケジュール帳で仕事を予測して、しっかりと段取りして結果を出していく。

そのためにスケジュール帳を1歩踏み込んだ使い方をしてみてください。

自分を予約する手帳術

自分を予約する手帳術

どうやって文章書いてますか?私は方眼ノートを使っています

ブログ ライター

f:id:ishikitakaihusaisya:20170414211217j:plain

いつもお世話になっております。

意識高い負債者でございます。

いきなりですが、みなさんはどうやって文章書いてますか?

他の人がどうやって文章を書いているか気になります。

文章の書き方って人それぞれですよね。

たくさんの人のブログを読ませていただいて、これは自分には書けないなと思う文章もあります。

自分には書けないような文章に出会うと、どうやって書いているんだろうと考えてみますがわからないです。

ぜひ文章の書き方を教えてもらいたいです。

私と同じように他の人がどうやって文章を書いているか知りたい人がいるかもしれないと思い、私の文章の書き方をまとめてみました。

ちなみにブログの運営方法については、ポジ熊さんの記事を参考にしました。

www.pojihiguma.com

私はノートで文章を考えています。

私はパソコン上(デジタル)で文章を考える事ができないので、毎回ノートを使っています。

だいたいひとつの記事の大枠を考えるのに10〜20分くらいかかっています。

インプットの時間は別ですよ。

使っているノートはこちらの方眼ノートです。

学生の頃から研究で使っているノートで、毎回箱買いをしていました。

A4がちょうど良いと思います。

⓪ノートに枠を作る

まずはノートに枠を書きます。

この枠が書きやすいという理由で方眼ノートを使い続けています。

使い方は方眼ノートを作った人の本を読めば詳しく書かれています。

ちなみに私は著者の先生の講座を受けて、「方眼ノート トレーナー」になることができました。

方眼ノートの使い方を教えることができます。

頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?

頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?

図解 頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?

図解 頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?

①テーマを書く

まずは左上の枠にどんな事を書きたいか書いておきます。

最初に思いついた言葉でOKです。

キーワードだけでも良いのですが、できれば文章化しておいた方がどんなことが描きたいかを明確にできます。

②思いついた事を書き出してみる(一人ブレスト)

次に左下の枠にテーマについて思いついた事を書いていきます。

順番は気にしなくていいです。

思いついた順番でどんどん書いていきます。

一人ブレストです。

参考になる本の言葉や雑誌の記事などあれば、ここに書いておきましょう。

③アイデアを並び変えて目次案を考える

真ん中の枠に目次案を考えます。

左のアイデアを基にしても良いですし、新しいアイデアが出てきたら左の枠に付け足しながら目次案を作っていきます。

④1番伝えたいことを決める

目次案ができたら右上にこの文章で1番伝えたいことを書いておきましょう。

もし目次を作るよりも前に、伝えたいことが決まっていたら先に埋めてもかまいません。

右上の目立つ所に書いておく理由は、あとで全体を文章化するときに伝えたいことがしっかりと書かれているかを確認するためです。

文章のブレが少なくなります。

⑤各章で伝える内容を付け加える

右の枠には目次案に肉付けをしていきます。

各々の章で書く内容を決めておくと、最後に文章化するときに迷わなくなります。

⑥最後にタイトルを考える

最後に文章のタイトルを決めましょう。

伝えたい内容や文章の流れを見ながら考えることができます。

⑦あとはノートを見ながら文章化する

最後にパソコンで文章化していきます。

目次案をそのまま写して、その後に間を埋めていきます。

慣れると2000文字程度の記事であれば10分程度で書き上がります。

この文章を考えるために書いたノートです

今回の文章をどうやってノートで組み立てたかを載せておきます。

参考程度に見てください。

(字が汚いのは勘弁してください)


大切なことはどうして文章を書きたいのか

みなさんにも聞いてみたいのですが、なぜ文章を書くのでしょうか。

私の場合は考えたことの備忘録であったり、借金のことは周りの人には話せない内容なのでブログで話を聞いてもらっている感覚で文章にしています。

また私と同じようにお金で悩んでいる人に読んでもらい、私のように重傷になる前に立ち直ってもらえればと思いもあります。

文章は何かの目的のために書きます。

それが文章を作るためのモチベーションとなり、良い文章を書こうという気持ちに繋がっていると思います。

おわりに

みなさんには文章を書きたいと思う目的がありますか?

その目的を達成するために文章を書くことが本当に最善ですか?

私もたまになんで文章を書いているんだろうと思うことがあるので、みなさんの考えを教えてくれるとありがたいです。

「ミニマリズム」って物質や情報多すぎる環境から自分を守るための護身術的ライフスタイルだと思う。

生活改善 ブログ ライター

f:id:ishikitakaihusaisya:20170409225732j:plain

いつもお世話になっております。

意識高い負債者でございます。

最近考えていたことをまとめてみます。

一人暮らしを始めたらミニマリズムになっていた

社会人になって実家を出て生活するようになってから自分の使うもの以上のものが存在しない生活空間になりました。

テレビもなく、デスクトップもない。

本もカラーボックス2つ分だけに収め、お皿なども1人分しか購入しませんでした。

先日部屋に同僚を招いたときにものが少ないと指摘されて気がつきました。

続けてミニマリストなの?とも聞かれました。

ミニマリズム」は何で流行なのか?

もちろんミニマリストについては大体の意味は知っていましたし、人気のあった書籍はいくつか読みました。

ミニマリズムについての書籍を読んだときに、なんでミニマリズムが流行になったのかがわかりませんでした。

ちょっと考えてみましょう。

ミニマリズム」ってなに?

なんとなくミニマリズムについてわかっている気がするのですが、説明はできません。

整理してみます。

minimalism 〜30歳からはじめるミニマル・ライフ

minimalism 〜30歳からはじめるミニマル・ライフ

minimalism 〜30歳からはじめるミニマル・ライフ

  • 作者: ジョシュア・フィールズ・ミルバーン,ライアン・ニコデマス,吉田俊太郎
  • 出版社/メーカー: フィルムアート社
  • 発売日: 2014/03/25
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (2件) を見る

ミニマリズムとは、有意義な生活や人生を送るためのツールだ。(中略)ミニマリズムには特定のルールなんか存在しない。
ミニマリズムとは、単純に、生活の中から不必要なものをそぎ落として、本当に大切名ものだけにフォーカスすることだ。

以上の内容をまとめて、こうも書かれています。

ミニマリズムとは、幸せと満足感と自由を見つけ出す目的で、人生において本当に大切なものだけにフォーカスするために、不必要な過剰物を取り除くためのツールである。」

モノが少ないと快適に働ける: 書類の山から解放されるミニマリズム的整理術

机の上には書類が山積み、手帳にはスケジュールがいっぱい、というのはやっぱり窮屈すぎます。それらを適正な分量にすることで、余計なモノやことに意識がいかなくなり、一つひとつのことにしっかりと向き合えるようになりました。次第に余裕が生まれ、その意識はいつしか自分自身へと向けられるようになっていきました。
ストレスを抱えて過ごしていた以前と比べると、デスクの大きさも、1日24時間とう長さだって変わっていません。変えたのは、「自分自身の考え方」だけです。
すなわち、それが「ミニマリズム」です。

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

モノを必要な最小限に減らす、ミニマリスト(最小限主義者)という生き方。最小限のモノとの付き合いを通して、改めて幸せについて考える。

自分の勝ちは自分の持っているモノの合計ではない。モノは自分をほんのわずかの間しか幸せにしてくれない。必要以上のモノはエネルギーも時間も、すべてを自分から奪っていく。そんなことを感じ始めているのがミニマリストたちなのだ。

より少ない生き方 ものを手放して豊かになる

より少ない生き方 ものを手放して豊かになる

より少ない生き方 ものを手放して豊かになる

ミニマリズムとはいちばん大切にしているものを最優先にして、その障害になるものはすべて排除すること。
ミニマリズムのいいところはものが減ることではない。本当の利点は豊かさが増えることだ。

必要十分生活~少ないモノで気分爽快に生きるコツ~

必要十分生活~少ないモノで気分爽快に生きるコツ~

必要十分生活~少ないモノで気分爽快に生きるコツ~

少しミニマリズムとは違うが、参考に載せます。

「必要十分生活」とは、物がこれ以上増えると余計だし、これより少ないと生活に困る。という状態のことです。(中略)
本当に大切なことに気持ちを向ける余裕が少しでも増えたら……

共通している考え方

前で紹介した書籍の中の「ミニマリズム」の考え方に共通していることは、本当に大切なことに集中するために邪魔な物を排除するということです。

必要な事意外をできるだけ自分の世界から排除することで本当にやりたいことに集中できる。

この考え方って、最近売れたこれら本に似ていませんか?

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

マンガでよくわかる エッセンシャル思考

マンガでよくわかる エッセンシャル思考

ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果

ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける

物質、情報多寡な環境から自分を守るための護身術的ライフスタイル

上で紹介した本でもやらなければならないことを淡々とこなしていくのではなく、本当に大切なことを先にやるための方法が書かれていると私は認識して読んでいました。

ミニマリストも同じように物や情報が多い場所での護身術としてのライフスタイルといえるでしょう。

なんか「脱東京」のような考え方に似ていますね。

ロハスとかオイコットライフとかと同じながれですかね。

もっと深く考えるヒント

もう少し考えを深くしていくと、「ミニマリズム」というライフスタイル消費が進んでいるとも考えられます。

人々はただ単にモノが欲しいのではなく、モノにまつわる物語や生活様式などの情報を求めて消費行動をするようになったとも言われています。

このへんの話に興味がある人はこちらの本を読んでみると面白いです。

物欲なき世界

物欲なき世界

今回はこの辺で。