読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

if blog〜意識高い負債者のブログ〜

意識高いただの借金を抱えた人のブログ

リボ払いやカードローンの額が月の手取りの2倍を超えたら、自分だけで返すのは難しい

借金 お金

f:id:ishikitakaihusaisya:20170120211653j:plain

お世話になっております。

意識高い負債者でございます。

借金から立ち直る方法についてです。

借金に困っているならまずは借金を減らそう

クレジットカードの支払額やリボ払い残高、カードローンなどを利用している人は多いと思います。

これらはすべて利子の高い借金です。

自分で少しずつ返していても利子分しか支払っていない状態になってしまい、いつまで経っても完済できません。

一般的に借金をゼロにする方法は自己破産しかありません。

しかし自己破産をするには心理的なハードルが高すぎます。

そこで借金を減らす方法について考えてみましょう。

借金を減らす方法は大きく分けて2つあります。

借金をまとめて低金利の金融機関にまとめる方法と任意整理です。

ただほとんどの人は任意整理を行った方が良いと思います。

借金の額が手取りの2倍を超えたら、自分だけで完済は難しい

その前に借金がどれくらいの総額になったら自己完済が難しいかを考えましょう。

私が様々な人から話を聞き、書籍などで調べた限りでは月の手取り額の2倍を超えたら自己完済は難しいと感じます。

借金を返済する最低限の条件として、毎月決まった金額を現金で残す必要があります。

クレジットカードやカードローンを利用している人は、現金が手元に無い状態が長く続いていると思います。

手取りの2倍以下であれば、ボーナス1年分をそのまま返済に充てることで完済できます。

しかし手取りの2倍以上の借金額になると以上になると月々にそれなりの返済が必要になるのでほとんどの人が返済どころか、借金が増えてしまう状態に陥ってしまいます。

この場合はキズを広げる前に任意整理のことを考え始めた方がいいでしょう。

任意整理とは

任意整理は債務者と金融機関の間に弁護士の方が入って交渉して、金利分をカットして3年程度で返済できるように調整してくれます。

任意整理の条件としては毎月一定程度の収入があることです。

会社員であれば問題ありません。

もしこの条件が難しいのであれば、自己破産をすることになるかもしれません。

デメリットは信用情報に登録されるので完済後5年程度はクレジットカードが作れなくなります。

それでも利息がほとんどゼロになるのは大きいです。

自分だけで完済してやろうは×

よく自分だけは他の負債者とは違う、本気を出せば自分だけでも完済できると意地を張ってしまっている人がいます。

たぶん自己完済は難しいでしょう。

任意整理すると、現金のみで生活することになります。

任意整理後に強制的に現金のみの生活になるので、いままでの生活がリセットされます。

現金だけの生活に戻すことができ、習慣化されればお金の使い方も改善されてまた借金を抱えるという自体にはなりづらいと私の担当の弁護士さんは言っていました。

任意整理した方が人生を早くリセットして、立て直す事ができます。

スケジュール帳は仕事の自分だけの秘書となる

働き方

f:id:ishikitakaihusaisya:20170329144549j:plain

いつもお世話になっております。

意識高い負債者です。

昨日4月から入社してくる新卒社員との交流会がありました。

そのときに「社会人になる前に用意しておいた方がいいものはありますか?」と質問がありました。

私はそこですかさずスケジュール帳と答えました。

スケジュール帳は手書きが一番

まず毎回スケジュール帳の話をするときに出てくる選択肢で、デジタルとアナログがあります。

私は仕事で使うのであれば、圧倒的に手書きのできるアナログのスケジュール帳をオススメしています。

ようは紙のスケジュール帳です。

紙のスケジュール帳の最大のメリットは、自由度が高いことです。

書いたり、紙を貼ったりできます。

一覧性が高いのもメリットのひとつになると考えられます。

なので新社会人にはデジタルではなく、アナログの紙の手帳をオススメしました。

仕事で重要なのは準備時間

スケジュール帳を使う目的は予定を記録することです。

顧客との会合や社内の会議、また提出期限なども書き込むと思います。

さて予定だけ書き込んでおけば、遅刻したり提出期限を守れたりするでしょうか?

実際は違います。

予定に対して準備する時間が必要になります。

例えば書類の提出期限をスケジュール帳に書き込んだとしましょう。

書類の提出までに最低限することは、情報収集→書類作成→提出です。

もっと細かくすると、情報収集(書籍、インターネット、社内資料)→書類の下書き→上司に方向性の確認→書類作成→上司チェック→書類修正→提出となります。

書類提出までにやるべきことを洗い出すと、どれくらいの時間が必要かが計画できます。

情報収集には合計で2時間、書類の下書きには1時間、上司に方向性の確認30分などです。

さらに上司に確認をしていただく場合は、その時間を上司からもらわないといけません。

提出直前に見てくださいは通用しません。

そうすると上司に見せてチェックが戻ってくるのに、1日の余裕を見込んでおく必要が出てきます。

このように書類の提出までにどれくらいの時間がかかるのかを計画して、全てスケジュール帳に落とし込んでいきます。

仕事において重要なのは準備です。

準備がうまくいかなければ、必ず失敗します。

準備の時間が不足していれば、やり直しもでき無くなってしまいます。

TODOも全てスケジュール帳に書く

予定や準備に必要な過程だけでなく、TODOレベルのこともスケジュール帳に記入していく必要があります。

よくTODOを付箋やノートなどで管理している人がいます。

計画作成段階であればよいのですが、TODOを管理するのであればスケジュール帳に落とし込むことをオススメします。

TODOはやることとやる時間を記入する必要があります。

やる時間がはっきりしていないTODOはただの「やりたいこと」であり、実行される可能性が低いです。

やらなければならないTODOは全てスケジュール帳に落とし込みましょう。

例えば月曜の9:00から10:00の間に必要書類を印刷するといったかんじです。

TODOをスケジュール帳に書き込めば、TODOは整理したけどやる時間がありませんでしたという結果にはなりにくいです。

記憶より記録

ある程度の仕事の内容やTODOがスケジュール帳に書き込めて、実際にそれ通りに行動していたら時間がたりなくなることがあります。

時間が足りなくなる原因は、計画段階の見込みの甘さです。

書類の下書きをするのに1時間で終わると思い、スケジュール帳に書き込んでいたが、実際は2時間かかったとします。

計画と実行に差が出てしまったら、赤ペンで実際の時間をスケジュール帳に書き込んでおきましょう。

実際にかかった時間を書き込んで記録しておけば、次に同じような仕事がきたときに参考にできます。

より正確な計画を立てることができるようになります。

自分のスケジュール帳が仕事に対しての傾向と対策集になります。

スケジュール帳は自分だけの秘書の役割になる

社長や役員のように膨大な仕事を抱えている方々は、それぞれに秘書がつきます。

部長職でも事務員さんがつくなど、仕事の進捗管理やスケジュール管理をしてくれます。

しかし通常の社員にはそのような人はいません。

自分で管理する必要があります。

そこでスケジュール帳が必要になってきます。

アポイントの予定はもちろん、時間単位の管理もスケジュール帳で行うべきです。

また実際にかかった時間などを追記していけば、それは自分だけの対策集になります。

どの仕事におおくの時間がかかってしまったのか、反対に計画していた時間よりも早く終わった仕事はないかも把握できます。

そこから自分の得意な分野やもっと努力が必要な分野がわかるようになれば、成長する方法も自ずとでてきます。

スケジュール帳に全てを書き込んでおけば、自分だけの秘書のような存在になります。

困ったときはスケジュール帳を確認するといった週刊がつくようになってほしいです。

マンスリーよりウィークリー

さいごにどのようなスケジュール帳がいいかと聞かれたときにオススメしている手帳を挙げます。

まずマンスリーよりも時間単位で書き込めるウィークリーをオススメします。

マンスリーですとアポイントを書き込むには良いのですが、日々の準備時間を計画するのに適していません。

はじめてスケジュール帳を使うのであれば、「アクションプランナー」をオススメします。

サイト上で使い方も詳しく説明されています。

もっと詳しく知りたい方はこちらの本がオススメです。

www.actionplanner.jp

自分を予約する手帳術

自分を予約する手帳術

借金完済後、1年で貯金を200万円貯めた人に話を聞いてきた

借金 お金 取材記事

f:id:ishikitakaihusaisya:20170326221714j:plain

いつもお世話になっております。

意識高い負債者でございます。

本日は借金を完済した人に借金を返済するコツを聞いてきました。

150万円の借金を2年間で完済した

社会人になって浪費で作ってしまった150万の借金を2年で完済した20代後半の女性に話を聞いてきました。

大学を卒業して就職と同時に上京した彼女は、日々のストレスを改称するために洋服や旅行などで散財したそうです。

はじめてカードローンを使ったのは会社の先輩の結婚式に呼ばれ、ご祝儀やドレス代などが足りなくなり利用を始めました。

気がつけば普段の生活でお金が足りなくなれば、自分のお金のようにカードローンを利用していたそうです。

社会人5年目になった頃このままではまずいと思い債務整理を行い、借金返済生活がスタート。

返済期限を2年に設定してお金の使い方を見直しました。

結果は無事借金を完済しました。

2:6:2だけを守る

彼女が借金返済のために行ったことは、手取り金額を2:6:2に分けて生活することでした。

借金がない人の場合は2:6:2=貯蓄:生活費:投資のことで、貯蓄を進める目安として使われる割合です。

彼女の場合は2:6:2=返済:生活費:投資or浪費としました。

当時の彼女の手取りからすると月々の返済金額は3〜4万程度だったそうです。

借金返済を失敗する人の中に意気込みすぎてしまう人がいます。意気込みすぎてしまう人は手取りを5:5=返済:生活費など、無理しすぎな人です。
借金が少額の場合でしたら有効かもしれませんが、1年以上返済生活が続く人には無理な方法です。

また手取りの2割を投資or浪費としている理由はこう説明していました。

投資か浪費の判断方法はそのお金の使い方のおかげでお金がさらに増えたかという点です。なのでお金を使った時点では投資の可能性もあれば浪費の可能性もあります。
もちろん完全にその場でもわかるほどの浪費もありましたが、借金返済は持久走なので2割のお金に対してはシビヤに管理しませんでした。
一種の息抜きです。

なぜ完済後に200万円も貯金できたのか

借金を返済する上で一番気をつけていたのは、生活費を6割に収めることでした。
住居費や光熱費を含めて6割に収めるのは最初はきつかったです。
ですが、慣れてくると感覚でできるようになります。
例えば週に外食は2回くらいまでで、それ以外は自炊をしないといけないとか、コンビニの利用回数が多いとか感覚でわかるようになりました。
もちろん毎週お金の管理をしていましたし、ギリギリの月も何度もありました。

生活費を手取りの6割に収めることでお金の習慣を直した彼女は、完済後も同じ生活を続けたそうです。

借金返済の最後はボーナスを全額入れて終わらせました。
普段のお金の使い方が正常化していたため、ボーナスの使う予定が無かったのです。
借金をしていたときはボーナスをクレジットカードの支払いやカードローンの返済に使っていたのですが、2:6:2のルールで生活できるようになってからは手を付けなくなりました。
返済期間中はボーナスも同じように2:6:2で使っていたのですが、ボーナスのある月だけ生活費が2倍もあっても結局使いませんでした。次の月で通常の予算に戻すのが難しくなるので。
そうするとボーナスが余るようになります。なので借金の返済に全部使ったり、完済後はそのまま貯金に回すようになりました。
借金完済後も同じペースで生活しています。
そうすればまた借金を作ることはないし、返済していた分はそのまま貯金になります。
なので1年で200万円の貯金ができました。

借金返済のコツ

彼女から私に借金返済をする上でのコツをいくつか教えてもらいました。

まずは毎月給料日に通帳記入をすることです。
給料日に必ず借金の返済や大きな支払いを済ましてしまいましょう。それからその月の生活費を全額引き出して通帳記入します。
そうすると残ったお金は2割の投資or浪費で使えるお金だけになると思います。

大きな支払いは給料日にすることで、その月に使える本当のお金がわかるようになります。

このお金以上の支出は絶対にできないのです。

それを見えるようにしておくことが大切だそうです。

あと口座はひとつだけで大丈夫です。
よく貯蓄用の通帳や支払い用の通帳を作っている人がいますが、それはお金の管理の玄人向けの方法で借金があるような人がやると管理しきれません。
お金についてはこの通帳だけ見れば大丈夫という状態にした方がいいです。
あとSuicaPASMOなどの交通系カードは明細を1週間おきに保管しておきましょう。
明細はチャージする券売機で簡単にできます。
交通系カードは無駄遣いしやすい仕組みになっているので、注意が必要です。

オススメの本

最後に彼女にお金に関するオススメの本を教えていただいた。

この本には私が話したような内容が書かれています。
借金返済中に何度か読んで、自分の管理方法が正しいかを確認していました。

おわりに

今回は借金を完済した方にお話を聞いてきました。

借金返済は持久走である。

肝に銘じておきましょう。

それでは。

モーニングメソッドを参考に自分の朝のルーティンを整えてみた

生活改善

f:id:ishikitakaihusaisya:20170323212750j:plain

いつもお世話になっております。

意識高い負債者でございます。

まずはTwitterのアカウントつくりました。

twitter.com

ブログ関係の交流目的に作りましたので、フォローしていただけると嬉しいです。

今回は朝のルーティンについてです。

無駄に長く寝るのはもったいない

私は普段から5:30に起きています。

5:30に起きて何かをしているのかというと、何かをしている訳ではありません。

資格試験が近いときは出社時間の90分前に会社に行き、勉強をしていました。

ですが、最近は資格試験が終わり切羽詰まって朝に何かをやろうとは考えていませんでした。

なので一度5:30に起きてまた目覚ましを6:30にセットして二度寝をしてしまっています。

せっかく5:30に起きているのにもったいないと思っていますが、最近は寒かったので二度寝が気持ちよいのです。

1日の計は朝にあり

せっかく朝早く起きる習慣がまだ継続しているので、有効に使いたい。

小さい頃におばあちゃんに教わったことわざで、「1日の計は朝にあり」があります。

計画は早めに立てましょうという意味だそうですが、そのまま文字通りとらえても良さそうです。

早起きは三文の徳

もうひとつ朝に関することわざで、「早起きは三文の徳」があります。

朝早く起きることは健康、仕事、勉強にとってよいことという意味があるそうです。

大学受験勉強をしていたときに高校の先生は「三文」を「三問」と書き換え、朝早く起きて毎日問題3問を他の人より多く問題を解き続ければ最終的には大きな差になるとおっしゃっていました。

人生を変えるモーニングメソッドを参考に

朝の時間を有効に使うことは大切であることはことわざからもわかります。

実際にどうやって朝の時間を使っているのかをこの本を参考にしてみました。

朝時間が自分に革命をおこす 人生を変えるモーニングメソッド

朝時間が自分に革命をおこす 人生を変えるモーニングメソッド

このモーニングメソッドの本の中で一番興味深いところを紹介します。


新しい事をやるに最適な時間は朝がふさわしい理由

第一に、朝に自己啓発を実践することで1日を意欲的で前向きにスタートできる。朝に新しいことを学習すれば、その日1日中、エネルギーに満ち、集中力とモチベーションが高い状態で過ごせるだろう。

最初の1時間が1日の方向を決める「舵」となる。目覚めてから1時間の行動が怠惰で無計画なら、終日ダラダラと集中力に欠けた過ごし方をしてしまいがちだ。しかし最初の1時間を最大限に活用しようと力を注いだ日は、勢いが最後まで持続するものだ。

また、朝に自己啓発を実践すれば、言い訳ができなくなる。後回しにすればするほど「疲れた」「時間がない」など、言い訳が積もるものだ。早朝多の計画や仕事に邪魔されないうちにやってしまえるなら、毎日続けられるのではないか。これ以上いい時間が思い当たらない。朝一番に自己啓発を実践するのが、もっとも利点の多い選択肢に思えてきた。

わたしの朝のルーティン

本の中では60分のモーニングメソッドと6分の簡略版が紹介されています。

本を参考に自分にあった朝のルーティンを作ってみました。

①水を飲む

②トイレに行く

③20回深呼吸をする

④10分間筋トレをする

⑤シャワーを浴びる

⑥体重を量る

⑦ごはんを食べる

⑧手帳を確認する

⑨着替えをする

これを朝5:30に起きて毎日繰り返すようにしています。

10分間の筋トレはこちらの本の「腹を凹ますプログラム」を実践しています。

大体8分くらいで終わるので、早く終わったら腕立てを追加でやっています。

自分のモーニングメソッドを見える所に掲示しておく

こんな感じで壁に貼って毎日実行しています。

(漢字間違っていますが・・・・・・)

見えるようにしておくのは重要です。

朝のルーティンを2週間やってみて

朝のルーティンを継続して借金が0になりました、みたいなミラクルは起きていませんが、体重が2キロ落ちました。

毎朝筋トレをしている効果です。

今まではお風呂上がりにやろうとして挫折していたことが多かったのですが、朝やると決めるとサボらなくなりました。

朝のルーティンは常に改良していく

今のルーティンにする前は1週間程度試行錯誤していました。

今後も自分の目標によって変化していくと思います。

6月にマラソン大会があるので、筋トレではなくランニングにするかもしれません。

何をすればいいかを決めておくと継続できる

2週間続けてみての実感は、結構簡単に継続できそうだと思えたことです。

続けられそうと思った理由は、何をすればいいかを前もって決めておいてあるからです。

朝起きたら何も考えずに、リストの上から順番にこなしていけばいいのです。

これが継続できている理由だと思います。

「鬼速PDCA」を最適化するために使用するスケジュール帳を選び直した

働き方

f:id:ishikitakaihusaisya:20170323092233j:plain

いつもお世話になっております。

意識高い負債者です。

以前記事を紹介していただいた「鬼速PDCAフェスティバル」の後日談の内容になります。

toricago.hatenablog.com

ishikitakaihusaisya.hatenablog.jp

ishikitakaihusaisya.hatenablog.jp

今回検討してみたのは、スケジュール帳です。

紙のスケジュール帳を使っていますか?

社会人の方の多くは紙のスケジュール帳を使っているように感じます。

現在はスマートフォン等で電子スケジュール帳で予定を管理することができます。

Googleカレンダーサイボウズなど他人とのスケジュールを共有できるメリットがありますが、クライアントとの打ち合わせの時に使いづらいのが難点で私は紙のスケジュール帳を使っています。

紙のスケジュール帳のメリットは書き込める自由度が高いので、個人のスケジュール管理をする上では紙のスケジュールの方が優れています。

鬼速PDCAにおいてスケジュール帳に求められる機能

鬼速PDCAを回すには常に「気づき、考え、行動する」ことが求められます。

よってスケジュール帳に求められる機能は、以下の3つであると考えます。
①予定を記録する
②ワークログ、ライフログを記録する
③継続型のDOを管理できる

予定を記録することにおいてはスケジュール帳であったら全て満たしているので、残りの2つについて取り上げます。

ワークログ、ライフログを記録する

日々の仕事や生活の記録を残すことは「鬼速PDCA」を回すおいても重要です。

計画は鬼速PDCAの5割を占める程重要なフェーズです。

計画の精度を上げるために「ゴール」と「現状」との差を把握することが求められます。

この差を把握する行為を「因数分解」と紹介されています。

書籍にはPDCAの速さと深さは因数分解で決まると記載されているほどです。

PDCAの精度を向上させるために行う因数分解をする上でヒントになるものは、現状のデータです。

つまり普段の記録です。

「普段の記録=ワークログやライフログ」を残しておけば、PDCAを見直す時に頼もしいデータとなります。

現状を正確に把握できていれば、ゴールまでの差も正確に把握できます。

正確に把握できたゴールと現状の差を埋めるための行動を計画する事ができれば、あとは実行するだけです。

ワークログやライフログを記録するのは計画の精度を上げるだけではありません。

実際に計画をたて、実行レベル(DOフェーズ)にまで落とすことができたとしましょう。

よし、行動するぞ!となって実際にスケジュール帳に落とし込もうとしたら、忙しい人は使える時間が無いことに気がつきます。

使える時間が無い人は「今抱えているDOで捨てられるものがないか」を考える必要があります。

既存のDOを棚卸しする作業です。

「鬼速PDCA」を購入している人であれば付録の工数棚卸しシートのデータを用いて普段のDOを棚卸しすればいいのですが、既存のDOを見直すたびに毎回やるのは大変です。

そこで普段からワークログとライフログを取っていれば、棚卸しをせずにすぐに必要のないDOや重要度の低いDOを探し出すことができます。

正確に現状を把握する、無駄なDOを見直すためにワークログとライフログを残すことがスケジュール帳に求められる機能のひとつです。

鬼速PDCA

鬼速PDCA

継続型のDOを管理できる

鬼速PDCAのDOフェーズには、完結型のDOと継続型のDOに分ける作業があります。

完結型のDOは実際に行動する日のスケジュール欄に書き込めば済みます。

しかし、毎日筋トレをするや私のようにコンビニの利用を減らすなどある一定期間継続的に管理しなければならないDOがあります。

本のなかでは付録の「ルーティンチェックシート」を使用して継続型のDOを点数化してチェックしていきます。

そこで工程管理に使われるスケジュール欄があれば同じ使い方ができます。

縦軸に自由記入欄が並び、横軸に日数が記録されているものです。

いわゆるガンチャートと言われるものです。

ガントチャート - Wikipedia

継続型のDOの管理するための機能もスケジュール帳に求められると考えます。

私が選んだ手帳2つ

①予定を記録する
②ワークログ、ライフログを記録する
③継続型のDOを管理できる

この3つの機能が備わっている手帳を探して、使いやすそうなものを2つ紹介します。

アクションプランナー

ガンチャートがついており、ウィークリー型のスケジュール帳です。

わたしも何年も愛用しているものです。

www.actionplanner.jp

デメリットとしては予定とログを記録するページが同じ場所になってしまうのと、マンスリーのページが使いづらいです。

ほぼ日手帳

もうひとつは最近上場したほぼ日手帳です。

ワークログやライフログを残すことをメインにするならこちらの方が良いと思います。

マンスリー、ウィークリー、1日と記録できるスペースが多いです。

なので例えば、締め切り関係はマンスリーへ記入して、ウィークリーには予定と計画、1日のスペースにワークログとライフログをとるといったような使い方ができそうです。

縦軸が日にちで横軸が自由記入欄のガンチャートのようなページはあるのですが、ちょっと使いづらいです。

おわりに

いままで何年もアクションプランナーを使っていたのですが、4月から実験的にほぼ日手帳を使ってみようと思います。

実際に「鬼速PDCA」を回すための強力なサポートツールになればと思ってます。

鬼速PDCA

鬼速PDCA